AMPはSEOにどんな影響を与える?

最後に、最近のサイト作成のトレンドとしては、AMPというものがあります。
これはモバイルサイトをより高速で表示するための技術で、GoogleとTwitterが共同で開発しているものとして知られています。
これがどのようにSEOに効果を与えるのか、メリット・デメリットなどを紹介しましょう。

まず、基本的には良い事が多いとされています。
というのも、これはページ表示速度をアップさせ、ページ表示をより早く分かりやすいものにしてくれるからです。
表示時間の短縮などもできるため、比較的簡単にサイトを最適化出来るのではないかという意見があるのです。
特にGoogleとTwitterがそのサイトの静的なHTMLを保有するため、ページ表示速度がアップするという施策なのです。

その一方で、デメリットもあります。
実はこのAMPはサイトの構造を変更してしまう可能性を持ちます。
このため、ページのデザイン崩れやサイトの表示がおかしくなるなどのデメリットが考えられるのです。
また、サイトの更新が反映されなくなったり、JavaScriptの使用に悪い影響が出るという意見もあります。
もしJavaScriptに依存したサイトを作っているのであれば、ページのデザイン崩れなど悪い影響もあるでしょう。
サイト管理者によっては、このAMPに対応したくないという意見もあります。
というのも現在のAMPはサイトの一部でGoogleなどの表示バーが出てしまうため、URLが変更されてしまったり、SEO的に良くない効果をもたらすとされるからです。

とはいえ、サイト側が基本的にできることはサイトの表示速度をアップさせるなど、良い面が多いとされています。
直帰率が下がり、表示時間が格段に短くなったサイトも少なくありません。
また、AMP導入に先駆けて、Googleもサイトの構造化や静的HTMLの構造化についての解説などを行っています。
もしこれらがきちんと出来るようになると、競合サイトとの差別化も夢ではありません。
表示速度が速くなり、より快適なサイトになりますので、競合サイトからも差をつける事が出来るのではないでしょうか。

メリットもデメリットも多いのですが、AMPはある程度対策が必要なSEO施策と言えます。
とはいえ、他のサイトとの差別化の為にも、ぜひこの方法を取り入れてみましょう。
他のサイトよりも良いサイトになることが、そのままSEOにつながります。