基本的なSEOについて知っておく

さて、ここでは基本的なSEOについて改めて確認しておきましょう。
悪質なSEOに手を出さないように、知識をきちんと身に着けておいてください。

まず、基本的なSEOとしては、適切なマークアップを行うことです。
過去には見出しタグの乱用や協調タグの乱用が良いSEOとされていましたが、今はバッドテクニックとして知られています。
このため、適切なマークアップを行う事で、優良なサイト作成ができます。
また、コンテンツの見やすさも改善され、それが検索にも良い影響を及ぼすでしょう。
サイト内のクローラービリティーをアップさせ、モバイルフレンドリーなサイトにする事にもつながります。

次に、コンテンツの質をアップさせることです。
コンテンツの質が低いとそのままバックリンクも得られにくくなり、サイトの質や信頼性にも悪い影響を与えるでしょう。
このため、掲載してる内容の質をアップさせることがそのままバックリンクを得る方法でもあり、検索エンジン最適化につながります。

また、あまり意識しないかもしれませんが、ページ表示速度をアップさせるのも大事なことです。
ページ表示速度とはそのリンクを踏んでからサイトがきちんと表示されるまでの時間で、これが短ければ短いほど、検索エンジンには良いという評価があるのです。
特に最近ではWebフォントを使っているサイトが多いのですが、このWebフォントのために表示が遅くなることがあります。
ですから、基本的にサイトの表示速度は意識しておきましょう。

こんな所まで、と思うかもしれませんが、URLの正規化も必要です。
これは、検索サイトを見ると同じようなコンテンツがいくつもある場合、実はクローラービリティーが下がり、検索の質が下がるとされているのです。
このため、サイト内に同じページの複数のURLが発生しないように工夫したり、どのURLが正規のものなのか、という事を明らかにする必要があるでしょう。

また、SSL化なども重要です。
これはサイトそのものの通信アルゴリズムをSSLというセキュリティレベルの高いものにする、ということです。
SSL化やURLの正規化はかなり専門的な処理も必要になる場合があります。
ですが、検索エンジン最適化のためには重要な事です。
また、モバイルフレンドリーなサイト作成や、検索サイトの最適化のためにできる工夫はまだまだ豊富にあります。
最低でも、このような施策は行っておきましょう。