リンクは何でもいいわけじゃない!悪影響のあるバックリンク

SEOのためにはサイト内の対策も大事ですが、もちろん外部の対策も必要です。
この外部施策ですが、実は質の良い方法と悪い方法があります。

バックリンク(リンクを張ってもらうことそのもの)
まず、バックリンクとはどういうものかについて説明しましょう。
これはドメインが異なる別のサイトから張ってもらったリンクのことで、被リンクのことを指します。
基本的にリンクの内容や質は問わず、張ってもらうことそれそのものを指すのです。

SEO効果(バックリンクのSEO効果)
基本的にこのバックリンクこれが多ければ多いほど、基本的に検索順位はアップするとされています。
ですが、最近ではこの検索結果に影響を与えるのには自然発生的な頻度かどうかということや、ナチュラルなもので人工的な施策ではないかどうか、ということをチェックするのです。

上質なリンク(自然発生的なリンクの方がいい)
基本的に、この上質なリンクというのはいろいろな基準で確認されます。
その最も代表的な物は、リンクのドメインやIPなどの違いです。
これらが不自然に揃っているサイトからのリンクがあると、何らかの人工的な施策が行われたのではないかと判断され、検索順位が下がります。
一方、あまり頻度がおかしくなく、ドメインやIPがランダムでかなり違いが大きいドメインの場合は、比較的ナチュラルなリンクとなり、かなり質も影響されます。
ですから、基本的にはバックリンク数がただあれば良いという訳ではありません。
悪影響のありそうな内容としてはスパムやお金で買ったような発生、同じドメインからの大量のバックリンクなど、不自然なものは検索順位にも悪い影響を与えるでしょう。

このため、できるだけ良い結果を得たいものです。
また、この方法を使ってライバルサイトを落とそうとする人もいます。
この時おすすめなのが「hanasakigani.jp」というサイトです。
これはバックリンク数やテキストなどをチェックできます。
不自然に増えている場合はライバルサイトからのスパム攻撃かも知れませんし、検索結果に悪い影響を与える可能性もあるでしょう。
ですので、悪影響のあるバックリンクを「hanasakigani.jp」で見つけた場合は、できるだけ早く対策を行いましょう。
また、自分からこのような低俗な事をしないようにしたり、様々な工夫を行う必要があります。
ここでは、質の悪いSEOがあるということを覚えておきましょう。