SEOの仕組み

Webサイトを作るとき、ここ数年で最も大事なこととして知られているのが、検索エンジンの最適化です。
これは、主に検索サイトがそのサイトを評価する対策がどのくらい出来ているか、作成方法がおかしくないか、ということを表します。

検索サイトの中でも最も優秀な検索アルゴリズムを持っているとされるのがGoogleです。
このため、基本的にGoogleをベースにした対策が基本とされているようです。
ここではまず、3つのポイントを説明しましょう。

SEO(SEOそのもの、SEO施策について工夫する)
まずは、SEOそのものについて知ることが基本です。
これはGoogleのサイトの評価方法やどういう検索をするか、どういう検索結果にどういう結果が表示されるかなど、ある程度検索アルゴリズムで効果的な表示方法を知っているということです。

特に知っておきたいのがクローラービリティーという考え方です。
これは検索サイトが定期的に様々なサイトに送り込むプログラムがサイト内の縦断をしやすいかどうか、そのサイト内のコンテンツが有益なものか、良質な物か、というようなことを判断します。
このクローラービリティーを知っておくと、検索でやってくるプログラムである「クローラー」の評価を良質なものにしてくれるでしょう。

Google評価(Google内での評価をチェックする・過去の施策にとらわれない)
また、自分の知っている施策がどのようになっているのか、という評価も知る必要があるでしょう。
これについては様々な施策があり、中には過去には良かったけれど今は良くないとされる施策もあります。
この良くない施策をブラックハットといい、過去に良いと評価されいまだに良い施策をホワイトハットといいます。
出来るだけホワイトハットSEOを取り入れることが、Google上の評価をアップさせます。

ユーザー体験(ユーザーにとって良いサイト、ユーザービリティーの高いサイト)
最後に、ユーザーにとってどうかという点は切っても切れないところです。
有益な情報やコンテンツを豊富に取り揃えているサイトの方がユーザーにとっても良いとされるため、コンテンツボリュームや質の良いコンテンツは重要でしょう。
効果的なコンテンツを適切に配置することが重要です。
また、ユーザービリティーという考え方も必要です。
これはユーザーにとって良質なサイト作成がなされているか、ユーザーにとって良いサイト作成方法で作られているか、ということになります。